IMG_8160

あの切島かっこよすぎだから(*´∇`*)

131

No.134 ガッツだレッツラレッドライオット

刃物出しまくるチンピラB「何やこの音…軋んでんのか。」ギギッ ガリ ギギギギ ゴガガッ パキ 「全身が!」
刃物攻撃を受け止める切島心の声「この状態を維持できる時間は、三~四十秒程度…」「ただその間、俺は」ガゴゴゴ ギギ ゴギゴ パキッ ガゴゴ「絶対倒されねえ!!」
突進する切島「俺を見ろォ!!」ギャギャギャ ギキキイィ
刃物を引っ込めるチンピラB「ううう…」シュッ シュッ
切島の顔。
チンピラB「押し飛ばしたるわぁ!!」ズア『一極集中!』ガガガガ
押し戻されるチンピラB「!?」ザザッ
刃物の束を受け止める切島心の声「後ろの人たち、まだ逃げれてねえ!」「店ン中にだってきっとまだ人がいる!」「こいつの刃を俺だけに向かわせろ!!」
チンピラB「ぐう!」
切島心の声「俺は」「硬化の男!」「小細工よりも、ゴリ押しで」「圧倒しろ!!」
刃物をぶち折り進む切島「必殺」ガガ
ボディブローを叩き込む切島「烈怒頑斗裂屠(レッドガントレット)!!」ガガガガン
IMG_8161

切島の顔。
チンピラBの顔。
砕けた刃物。
倒れるチンピラB。
前回お店から出てきていたおっさん「若いのに…なんちう怒気よ…」
前回写真を撮っていた野次馬「すンげえ…」
ノックダウンのチンピラB「カハッ!」
硬化解除した切島「おらァア!!」ブハッ
切島心の声「制限ギリギリ。アッブネぇ!」
チンピラB「ゲホッあ″あ″ん!」「うわああん、来んなァア~~!」ゲホッ ゴホッ
切島心の声「クスリうつ前のべそかき状態…」「効果切れたか…?」
チンピラB「強くなりたかっただけやねん…!頼むよ、逃がしてよ…!」「俺は力が欲しかっただけの哀れな人間や!」
切島「ダメだ。先輩を撃った。」「気持ちはよくわかるぜ…俺も昔は……」


134

チンピラB「てめーの話なんぞ知るかボケェ!!」
背中から刃物を出し、伸ばすことで現場を離脱するチンピラB。ドヒュッ

横を抜けられた切島「!!」
伸びた刃物を叩き折る切島「*か、俺は!」ガギンッ
ガクッと速度が落ちながらもアーケード出口に向かうチンピラB「素直!素直すぎやで、たすかったわ!」「逃げる逃げたる!」「捕まってたまるかア!」
IMG_8171

バッと行く手を阻むファットガム。
切島「ファットガム!!」
ファットガム「遅なってすまんな!」
チンピラBを腹の肉で包み込むファットガム「対敵した時!敵(ヴィラン)の勝利条件は、“*”“逃げる”“ブチのめす”にetc(エトセトラ)!」THUD! ズムムムム
「対してこっちは“ガイ者出さずに捕らえる”一つ!」「覚えて帰りや、烈怒頼雄斗(レッドライオット!」
「敵(ヴィラン)退治は、いかに早く戦意喪失させるかや!」

ファットガム
“個性”「脂肪吸着」
彼の体は何でも吸着し沈められるのだ!!
トーーートロ!

切島心の声「全力出して何とか相手してたってのに…!瞬殺かよ…!」
切島「……たすかりました。」
おっさん「ありがとうなァ、若いの!凄いなァ、惚れたでホンマ。」
「俺らに刃ァ向かんように動いとったやろ!?長年ヒーロー見とるとわかんねん!フツーびびるで、あんな刃物人間!」
「ホンマ救けられたわ!」
ファットガム「華々しいデビューやなァ…。俺のデビュー時とは大違いや。」
喜ぶおっさんと連れのお姉ちゃん。
ファットガム「たすかったんはこっちや!」「おまえはすごいヒーローになるよ!必ず!」
切島「――――…!あざっス!」


145

先の現場の大通り。
ファットガム「“個性”がパワーアップか…」「そのクスリは日本じゃ禁止されとるヤツやな…。効果の短さから見て、アジア系の粗悪品や。米(アメリカ)製なら一~二時間はキく。」
切島「詳しいンスね! すげえ」
ファットガム「俺、昔はポリと協力して、そういうんばっか捕まえとったんやで。」
警官「ファット!奴が発砲した拳銃やけど!」
採取した破片を見せる警官「“個性”で粉々に砕いとった!弾(たま)はなかった。」「あとこれ普通のチャカやないで。とりあえず色々調べて報告するわ!」
ファットガム「わざわざありがとな。そうか…」
切島「先輩は大丈夫なんスか?」
コスチュームのフードをグイっとかぶる天喰「……辛い。」「……“個性”が出ねえなんて…ヒーローにひでえ仕打ちだ。」
「それより…君は俺を庇ってくれた…」「ミリオと同じ…太陽のように輝かしい人間だ君は…」
切島「んなこと言ったらここ紹介してくれた先輩も太陽っスよ。」
天喰「それだよ…すごいんだよ…君…」
ファットガム心の声「個性を活性化(ブースト)させるクスリはわかる…元々弱個性への救済案や。」「しかし、全く使えなくするクスリいうんは…聞いたことがない。」
「嫌~~~な感じやな…」
ファットガム「病院で検査してもらおか。俺も調べたい事があるしな。」「とりあえず一旦事務所経由で――――…」
天喰「………ハイ」
切島「オス!」

雄英高校。1-A教室。
上鳴「切島、コラァ!」
切島「ん」
上鳴「おまえ名前!ネットニュースにヒーロー名!のってるぞスゲェ!」
IMG_8172

スマホ画面『新米サイドキック烈怒頼雄斗爆誕!初日から市民を背負い単独敵退治!』
歯軋りする爆豪。ギチチチ…
芦戸「梅雨ちゃん麗日ぁ、すごいよ―、名前出てる!」
スマホ画面『リューキュウ事務所に新たな相棒。インターンシップで所属した2人!ルックスもキュート!お手柄!大事件を瞬時に制圧!実力は本物。』
耳郎「(フキダシ無し手書き文字で)マジじゃん。」
お茶子「うへえ―――嬉しいなァ、本当だ…!」
梅雨「どこから撮ったのかしら。」
葉隠「(フキダシ無し手書き文字で)うらやま―」
芦戸「すっごいね―!もうMt.レディみたいにファンついてるかもねえええ!」
飯田「仮免といえど街へ出れば同じヒーロー……素晴らしい活躍だ……!」「だが学業は学生の本分!居眠りはダメだよ!」
切島「おうよ飯田!覚悟の上さ!なァ!?」
デク「うん!」
上鳴「おまえ勉強やべーつってたのに大丈夫かよ―」
切島「先生が補習時間設けてくれるんだってよ。」
瀬呂「俺も行きゃーよかったなァ。両立キツそうでさァ…」
八百万「学ぶペースは人それぞれですわ。」
上鳴?「(フキダシ無し手書き文字で)善い事を仰る!」

デクナレーション「オールマイトの事や通形先輩、ナイトアイの事…」「依然スッキリはしないものの話はわかった。」

電話をするイレイザー。

デクナレーション「しかしそれと同時に“あの子”の事が…僕の中で日に日に大きくなっていた。」

怯えるエリの場面


151

『数日後!』

寮の前。
切島「お!?」「緑谷ァ!おはよ!おまえも今日行くんだ!?キグーだな!」
デク「しばらく呼ばれなくって、やっと今日だよ。コスチュームはいらないって言われたけど…」
玄関から出てくる梅雨&お茶子。
お茶子「あれ―!?おはよ――――!2人も今日!?」

通りを歩く4人に声をかけるヒーロー「駅まで?送ってくよ―!」
お茶子「わ!じゃあよろしくお願いします。」
切島「ヒーロー多いな―」
梅雨?「ありがたや。」

駅の改札。
デク「あれ!?皆こっち!?切島くん関西じゃ…」
切島「ん、ああ!何か集合場所がいつもと違くてさァ。」
梅雨「(フキダシ無し手書き文字で)あたしたちも」

電車の中。
デク「皆、同じ駅!?奇遇だね…!」
お茶子?梅雨?「先輩と現地集合なのよ。」

歩道を歩く4人。
デク「方向もおなじ…!?」

交差点。
デク「曲がる角も同じ………」

建物前にいるミリオ「お」
波動「わ」
天喰………」
デク「ビッグ3もお揃いで……」

「これは…」「何だ!?」


152

室内には多数のプロヒーローたち。

デク「グラントリノ!?」「それに相澤先生!?」「こんなに大勢…すごいぞ…!一体何を…」
IMG_8173

波動「リューキュウ!」
リューキュウにガバーっと抱きつく波動「ねぇねぇこれ何するの!?会議って言ってたけど―、知ってるけど!何の!?」
リューキュウ「すぐわかるよ。」「ナイトアイさん、そろそろ始めましょう。」
梅雨とアイコンタクトするお茶子心の声「あのアンケン…!?」

ナイトアイ「あなた方に提供して頂いた情報のおかげで、調査が大幅に進みました。」
「死穢八斎會という小さな組織が何を企んでいるのか。」
「知り得た情報の共有と共に、協議を行わせて頂きます。」
IMG_8174

デク切島お茶子梅雨の顔。

以下次号


この記事が気に入ったら
いいね! しよう

最新記事をお届けします