アニメとらべる

数あるアニメや漫画の最新情報や考察、 感想等情報満載のブログです。 主に話題のアニメや漫画をまとめています。

ゲーム アニメ 漫画 たまに気になる芸能のお話

アニメ漫画ネタバレ感想

IMG_3479


391

森を抜けるとそこは一面の荒野だった
このまま南に向かえばお前達の目的地だと教えるソンジュ
二人と別れる事を惜しむ子供達
ソンジュは荒野を歩いている限りは鬼に出くわすことはないとアドバイス
別れ際ムジカはエマに御守りを手渡す
またその際に「七つの壁を探しなさい。あなた達の目指す未来はその先にある」と告げる

子供達と別れたソンジュとムジカ
彼らは当初、脱走した子供達を農園に送り返すつもりだった。
だがソンジュは「約束」を壊すために子供達を助けると言い出す
約束は人間でなければ壊せない。だがエマ達なら壊すことが出来るかも知れない
ムジカ「ソンジュは人間を食べたいのね」
ソンジュ「お前は食った事も食う必要もねえからわからねえのさ」
ソンジュ「原初信仰の教義上、狩猟という形で神が作り出した命をいただくのなら神への反逆には当たらない」
ソンジュ「天然物なら俺は食うぜ」
ソンジュ「あいつらは仲間を増やすと言っていた」
ソンジュ「こっちの世界では農園の外で増えりゃ子世代以降は全て野生の人間、天然物だ」
ソンジュ「そうして天然物が増えればいずれそいつらを狩って食える――ああもう一度食いてえなあ。腹一杯人間をよ」

ソンジュ「さて俺は野暮用を一つ片付けてくる」
ソンジュ「…そういえばさっきエマと何話してた?」
ムジカ「よくある別れの挨拶よ」
ソンジュ「そうか。じゃあ邪魔者を消してくる」
ムジカ(残念ねソンジュ、エマはちゃんとわかってる)
ムジカ(あの子たちが目指す未来はソンジュが願い予想している未来とは別のものよ)
ムジカ(頑張って勝ち取って。あなた達ならできるわ)
ムジカ(そうよ。約束は一つじゃない。約束は――)

ムジカから渡されたペンダントを握りしめ荒野を進むエマ
やがて夜になり現在地を調べるためにペンのホログラムを起動する

ホログラムにはB06-32と表示されていた
いつのまにかミネルヴァから指定されたポイントまでやってきていたエマ達
だが周りには荒野が広がっており人工物のようなものは見当たらなかった


402

>>391
おつ

もう目的地着いたの
荒野に危険は特になかったのか
ソンジュ達狩猟なら食べられるって全ての肉についてだよな?
洞窟での食事は全て狩猟で得たもの、持ってきたソーセージは食べなかったのか。どこまでおんぶに抱っこなんだよ
食べ物尽きた時にミネルヴァ本使って探すのかと思ってたのに
これミネルヴァ攻略本必要だったか?


392

乙乙
何か都合のいい宗教だなあ


393

森編の次は荒野編か


394

なんで荒野を歩くだけで都合よく鬼に合わないんだよ
なめてんの?


395

鬼は超樹種っぽいな


396

天然の人間がいる世界は人間がある程度の勢力を維持してる世界で
鬼にとっても危険な世界だけどちょっとしっくりこないなw


397

本当は農園に送り返す予定だったのに

「約束は人間にしか破れない」

ムジカはしょぼんとしながら千年で我々の容姿も変化した

人間は多数派
鬼は少数派


398

千年前と同じ感覚で弓矢で人間狩りに行ったら銃で撃たれて敗走フラグ
てか森編からオーパーツのぺんは使いまくるのに科学技術をガン無視するのはなんなんだろうな


399

ソンジュ脳ミソお花畑


400

子世代以降は描かれないだろうしムジカに残念言われてるしクソの役にも立たない裏切りフラグ


401

なんかようわからんけどソンジュは子供達が鬼の世界で頑張って子供作ってくと思ってるのか?


403

ミネルヴァいないのか
そんな甘くないのか
ソンジュが人を食べたいってのは意外
次会った時は敵とかないだろうな


404

>>403
少なくとも半世紀は大丈夫だろう
エマの世代は養殖だからエマ達の子供から狩りの対象って事なはず


405

エマたちが約束を壊すことによって人間側の世界に行けるようになり
そこで育った天然の人間を食べれるって感じじゃないのかな
わざわざエマたちの子供まで待たなくてもさ


406

こっちの世界で子世代以降とか言ってるんだからやっぱりエマ達の子供待ちでは


408

追手鬼がここまで行方不明になるとは森編始まった時は思わなんだ


409

荒野で鬼が居ないエリアそして独り立ちさせようとしている
ミネルバ関係なしにエマ達がそのエリアで自立して繁殖するの待つだけ?
保護区みたいなもんだな


410

どうしても献上しなきゃいけない何年ものの特上なのに荒野フラフラしてても見つからないし影も形もないって意味不


あと送り返すつもりっていつの段階で
バッチシ煙幕用意してたからあった時はすでに送り返すつもりは無かったと
でもそれ以前から見つけてたなら吸血樹の時に見つけてたけどシカトしてたの?


411

ウソでしょ来週もダラダラしてる
森を出ても変わらないのか


412

ミネルヴァのところに到達したからダラダラってのは及第点のような気がする
ミネルヴァいなかったからこれからどうなるかは分からんけど


413

全然逃げてる感が無いよね


414

クソみたいな展開の連続
こら六巻もクソなままグダグダ終わるな


415

いくらなんでも酷すぎねーか


416

約束を壊す
1.宗教上の縛りのこと→エマらが子作りをする→天然なので食べられる
2.人間と鬼の不干渉ルールのこと。鬼側の7枚壁はシステム的に人間じゃないと開けられない

2かな


417

あんま考察してもしょうがないぞwこの漫画


418

荒野編が森編よりも*となることを
まだ俺達は知らなかった


419

緊張感の無さ


420

ピクニックのネバーランド


421

荒野では特に苦労とかしなかったのか?
荒野には獲物もろくにいないだろうに、あの人数のお食事は
どうやってまかなったんだろう


422

攻略本があるからなぁ


423

野暮用って、追手を始末しに行ったのかね
エマ達に*れたら困るから


424

人間を食いたいとか雷禅のパクリだな


425

ムジカはともかくソンジュはエマの子孫とか食べる気満々なんだよなあ
よく今回は見逃してくれたよ
怖い…


426

いや全然怖く無い
この森編でエマサマーにはカイウ神のご加護があるから
何しても大丈夫そうだと確信


427

送り返すつもりだったんなら尚更追っ手に姿見せたの愚策な気がするが
旅の片手間に洞窟掘れたソンジュさんなら追っ手鬼も片手間に片付けられるだろう


428

どの時点で送り返すと決めた設定なんやろな
鼻にくる煙幕を投げつけた時点では決めてなかった訳ないしw


429

最初から送り返す気なら
追っ手に追われてるのを助ける必要なかったよな? 

完全に後付け
かなりダサいレベルの


434

>>429
宗教云々について突っ込まれ捲ったから
言い訳してるようにしか見えない


430

そもそもどの時点でエマ達発見したの?
吸血樹に襲われてる時?でも地下だよなぁ


431

消しに行った邪魔者って、追っ手の鬼かな?


432

ソンジュがカイウを消して松井が来る

ソンジュが超サイコな頭脳派的キャラとなる


433

むしろ途中で裏切って欲しかったな


435

トンネルの方が安全なら何人かでポイントに偵察行けば良いんじゃ無いの?
大丈夫なら呼びに戻り全員で向かうってのがサバイバルの基本でなくて?

完全にピクニックだろこれ・・・


436

ローブ被っていたから顔は知らないってことで素知らぬ顔して返すつもりだったんか?
そんなわけないよな。旅の途中じゃおかしいけど助ける前に決めてもおかしい


437

やっぱカイウなんも考えてなかったなこれ


438

脱出後も考えてるって言ってたから安心して読んでたんだけどな
考えててこれかよ
騙されたわ


439

送り返すつもりってことは敵対してた訳では無かったと…
しかしなぜか煙幕はって鼻をやって人間泥棒をして完全敵対犯罪者、となると


440

そもそも送り返すつもりなら隠れてなかった?堂々と森をウロチョロしてた?
なのに追手鬼たちは誰も気がついてなかったのか?

緻密な設定どころか頭に?マークの連続はスポーティングソルトを思い出す


この記事が気に入ったら
いいね! しよう

最新記事をお届けします

IMG_3474


186

村中の人にラーメンを振る舞う千空たち
村人たちは初めて食べるラーメンの味の虜になる
そんな中一人の男が「飲み物も欲しくなっちゃうね~コーラとか」と発言
コーラという単語を聞き固まる千空
コハクは彼が千空の知り合いでないことを確認すると金狼銀狼と共にその男を取り押さえる
司の仲間か尋ねるコハク
男「そんな奴は知らないな。俺は石化が解けてからずっと一人だけど?」
千空はその男の顔に見覚えがあった
彼の名前は「あさぎりゲン」千空曰くゴミみてえな心理本を書いていたマジシャンらしい
ゲンは一人で食料を探していたら懐かしいラーメンの香りがしたのでやって来たと説明する
タダ食いは許さない。食ったからには仕事をしてもらうと強要する千空
ゲンや村人に協力してもらいバージョンアップした製鉄炉に風を送る千空
作業中、ゲンに大樹と杠は元気か?と訪ねる千空
ゲンは二人とも元気だと答える
千空がなぜ急に正体を明*事にしたのか尋ねるとゲンは情勢が変わったからだと答える
ゲン「ぶっちゃけ10-0で司帝国の勝ちと思っていた」
ゲン「俺の仕事は千空ちゃんが*だことの確認だよ」
ゲン「司!千空は生きてた!ハイそれで君は一巻の終わり。そのつもりだった」
ゲン「だがもし鉄の武器ができれば勝負はわからない」
ゲン「ウソの報告をするだけだ。原始的な集落があっただけ。千空は*でる。それで千空ちゃんは助かる」
千空「そうしてくれるとありがてえ」
ゲン「俺はポリシーもない世界一ペラッペラな男だ」
ゲン「可愛い子たちと楽しく暮らせりゃそれでいい。司が*うが千空ちゃんが*うが知ったこっちゃない」
ゲン「俺は誰を切ってでも勝ち馬に乗る!」
ゲン「迷ってんだよ~司を裏切って千空ちゃんの味方に付くか!?司帝国VS科学王国、勝つのはどっちかね~」
千空「決まってんじゃねえかそんなもん。科学王国だ!」
そうこうしている間に製鉄が完了し千空たちは鉄を手に入れた


188

>>186


これ名前のなかったハゲ?
ラーメンにコーラてw


199

>>186
>そうこうしている間に製鉄が完了し千空たちは鉄を手に入れた

なめとんのかw


201

>>199
思ったw
何人増えたのか分からんが全力で三日三晩送風しなきゃ駄目なくらいは難易度高いだろうに
バレみると話ながら簡単に鉄が手に入ったみたいだ


187

バレ乙
司さん当面の基盤作りにやっぱり大人も復活させてるんですか
てかそんなに疑ってるなら自分で来ればいいのに


189

バレおつです

心理本て千空の記憶に出てきたやつか?
つか作中では結構時間が経ってるみたいだな


190

随分簡単に鉄入ったな
話なんてしてる暇あるのか
ゲンなんて胡散臭い男、司は信用してるのかね


193

>>190
短時間で作れないと、完成の前にルリがあれになるからな


191

千空の記憶じゃない
大樹の回想だった


192

多分今回のバレは相当簡略化されてるなww


194

早速カスみてえな大人復活させてる司が*すぎて草生える


195

しかしわざわざ確認に来させるってことは
司も大樹と杠を完全には信用してないってことか


196

ダンも千空に寝返るとなると益々司不利だな
ていうかダンがいきなりいるのはちょっとご都合主義じゃないかね…


198

>>195-196
司はダンも信用してないと思う


197

ラーメンとか食えるならそりゃあ裏切るだろ


200

やっぱ司の思想はあかんわ


202

確かに鉄の精製方法や過程は気になるな
さすがにこれを適当にやるわけないしな


203

ダンて何話に出てた?
ちょっと忘れてしまった


204

あさぎりゲンの本なら12話で出てくる
この表紙が本人だとしたら結構若いね


205

ケンってこいつか

(出典 i.imgur.com)


206

いちおう心理学者だけあって
相手を信用させるための弁明がうまいな


207

千空は獅子王の正体とか脅威をまだコハクやクロムにも話してなかったよな
まあライオンをワンパンで*男がいるなんて最初から信じてもらえないだろうし
説明するのは村制圧後かな


208

まだ司と戦うのが目的で科学軍団作るとかの説明は作中ではしてないはず
なんでだろ
命がけの戦いになるだろうから早く言った方がいいと思うけど


209

それを復活組の村長に話すんだろ


210

司も凄いな
レシピを聞き出したとはいえ、もう復活液を完成させてたか


211

ていうか司はなんで大人なんて復活させたんだ…
大人は復活させないかと思ってたよ


212

たしかに子供だけの帝国にするんだと思ってた
あさぎりゲンって何歳なんだろう 意外と高校生くらいだったりするのか


213

・子供を制圧するのに人身掌握に長けた心理学者は有用
・自然復活
・背が小さくて子供だと思った


214

・好みのタイプだった


この記事が気に入ったら
いいね! しよう

最新記事をお届けします

IMG_3476


94

第74話 堕姫(だき)
扉絵 鬼花魁の太ももから下 長い髪にあの帯 つま先の開いた黒レースのニーソ?
煽り 見上げてはいけない。

本文煽り 女の夜に異変あり

炭治郎達が潜入する2日前 京極屋
三日月が浮かぶ夜 蕨姫花魁の部屋を訪れている女将
女将「いい加減にして頂戴」
蕨姫「何を?」
襖の前に立つ女将 蕨姫は床の間を奥に座り、女将を睨むように見上げる
女将の表情は緊張しており、冷や汗が浮かんでいた
女将「うちから怪我人や足抜け 自殺をする子を出すのをだよ
  自*た子はアンタが虐め*たようなもんだろう 蕨姫」
蕨姫「酷いこと言うわね女将さん 私の味方をしてくれないの
  私の癪に障るような子たちが悪いとは思わないの?」
女将の表情が苦悩に歪む
女将「今まで随分目を瞑ってきたけれど 度を越してるんだよアンタは… 庇いきれない」
蕨姫「誰の稼ぎでこの店がこれだけ大きくなったと思ってるんだ婆」
女将「……ずっと昔 アタシがまだ子供の頃 聞いたことがあるのよ茶屋のお婆さんに
  物忘れがひどくなってたけれど ある花魁の話をした…
  もの凄い別嬪だったけどもの凄い性悪で お婆さんが子供の時と中年の時にそういう花魁を見たって
  その花魁は"姫"ってつく名を好んで使って… 気に食わないことがあると
  首を傾けて下から睨めつけてくる 独特の癖があったって」
今まさに首を傾け、女将を睨みつけている蕨姫
女将「アンタ… 何者なんだい アンタもしかして人間じゃ ないっ…」
女将が叫んだ瞬間、部屋から二人の姿が消えた
蕨姫「そういうことはね 気づいた所で黙っておくのが"賢い生き方"というものなんだよ」
隠し持っていた包丁を握り締める女将 女将の顔を包み込むように両手で触れる蕨姫
二人の体は京極屋の中の部屋を抜け出し、夜の空に浮いていた
蕨姫の姿は部屋にいた時の花魁装束ではなく、まるでくの一のような露出の多い衣装となり
あの帯が揺らめいている
蕨姫「今まで皆そうして生きてきた お前は私が思っていたよりずっとずうっと頭が悪かったようだねぇ
  残念だよ"お三津(おみつ)"」
蕨姫の右目には「陸」左目には「上弦」の文字が浮かんでいる
口角を上げ微笑む口元には牙が覗いていた
蕨姫「そんなに怯えなくとも大丈夫さ 干涸びた年寄りの肉は不味いんだよ 醜悪で汚いモノを私は絶対喰べたりしない
  お前はグシャッと転落死 さよならお三津」
女将「やめっ…」
恐怖で歪み、涙を浮かべる女将を蕨姫は空中でふっと手放した
ドンと大きな音が響く 蕨姫はタンと京極屋の屋根に降り立ち、歩く
「なに?」
「すごい音がしたけど…」
「ちょっと起きて」
「なんだろう」
建物の中が騒がしくなり、やがて悲鳴が響き渡った
「キャアアッ *でる!!」
「落ちてる!! 誰!?」
「いやっ…!! 女将さんじゃないの…」
そこには落ちた衝撃か、腕や足があらぬ方向に捻じ曲がった女将の亡骸が転がっていた
「早く誰か呼んで 旦那さんを…」
「キャ――ッ」

続きます


95

騒ぎの中、満足したのか口元に僅かな笑みを湛えた蕨姫が、屋根から自分の部屋へと戻る
蕨姫「!?」
そこには鬼舞辻がいた
帽子を被り、レースをあしらった襟のジャケットを着た鬼舞辻は、芍薬の花が描かれた着物箱の上に腰掛けていた
(月彦さんの時のスタイルです)
鬼舞辻「随分人間を喰ったようだな 以前よりもさらに力が増している 良いことだ」
笑みを浮かべそう言う鬼舞辻の前に蕨姫はひれ伏した
蕨姫「はっ」
鬼舞辻「しかし油断をするな うまく事が進んでいる時程 足は掬われやすい」
蕨姫「承知致しました」
鬼舞辻「鬼殺隊でも手練れの者…柱などはすぐに此方が鬼だと看破する
  しかし此方からは柱程実力の有る者以外人間など視ただけでは殆ど違いがわからない
  血の種類や病気 遺伝子など人間に判らないことは判別できるが…
  "堕姫"」
堕姫の名を呼び、スッと立ち上がる鬼舞辻
堕姫「はい はい 無残様!!」
顔を上げ、名を呼ばれたことを嬉しそうに返事をする堕姫
鬼舞辻「私はお前に期待しているんだ」
手を伸ばし、堕姫の頬に触れる鬼舞辻
堕姫「お前は誰よりも美しい そして強い『柱を七人葬った』
  これからももっともっと強くなる 残酷になる 特別な鬼だ」

続きます


96

京極屋 蕨姫の部屋から廊下を越え、向かい側の部屋の襖をなぎ倒して突き飛ばされる善逸
蕨姫花魁は不機嫌そうに善逸の方を見下ろし、睨みつける
蕨姫「気安く触るんじゃないよ のぼせ腐りやがってこのガキが
  躾が要るようだねお前は きつい躾が」
そこに京極屋の旦那が慌てて駆けつけてきた
旦那「蕨姫花魁…!!」
廊下で蕨姫に向けて土下座をする旦那
旦那「この通りだ頼む!! 勘弁してやってくれ もうすぐ店の時間だ 客が来る…!!
  俺がきつく叱っておくからどうか今は… どうか俺の顔を立ててくれ…」
頭を下げる旦那を見下ろす蕨姫 廊下では他の遊女たちが怯え、震えていた
蕨姫「旦那さん 顔を上げておくれ 私の方こそご免なさいね 最近ちょいと気に障ることが多くって
  入って来たばかりの子につらく当たりすぎたね 手当てしてやって頂戴」
そう言った蕨姫の表情は優しげな笑顔だった
しかし旦那から目をそらした途端、また厳しい表情になり、近くに居た少女たちに命令をした
蕨姫「仕度するからさっさと片付けな」
「はっ… はい…!!」
「はい…」
旦那「人を呼べ!! 早く片付けろ 蕨姫花魁の気に触ることをするんじゃねぇ!!」
旦那の掛け声で、バタバタと片付けが始まり、騒々しくなる
倒れて外れた障子を下に、ひっくり返って機を失っている善逸
蕨姫(あのガキ この感触からすると軽症だね 失神はしているけれども受身を取りやがった 一般人じゃない
  鬼殺隊なんだろう でも柱のような実力は無い
整えられた部屋の中、震える二人の少女を従えた蕨姫が笑う
蕨姫「ククッ フフフッ 少し時間がかかったけど上手く釣れてきたわね
  どんどんいらっしゃい 皆*て喰ってあげる」

外廊下 夜空を不安げな表情で見上げる炭治郎
炭治郎(にごった匂いがする この街の夜は濁った匂いがする…)

煽り そして闇が街をつつむ…
巻末 手作りハンコ!送っていただき嬉しいです。器用ですね~、クオリティの鬼!<呼世晴>

今号のスクラッチ懸賞には鬼滅グッズはありませんでした


97

乙です
パワハラされないというだけでこの強者感


98

乙です
無惨さんこの鬼*だら他の上弦にパワハラかましそうでこわひ


99


7人も柱倒しているなら他の上弦は何人倒しているんだろう


100

乙です。
陸か。少し希望が見えてきた…?


101

7人も*てるのか・・・こりゃ天元+かまぼこじゃまだ無理だろう


102

バレ乙です
宇髄さん早く来てー!
あと援軍来てー!
主に柱クラスの人来てー!


103

バレ乙
陸なのに参より優しくされてるではないですか
他の鬼へのパワハラぶりを見せつけられた後で、こういう甘い言い回しをしてるとこ見るのは薄気味悪いわあ


104

いかにアカザさんが嫌われているかがわかる回だな

まぁ柱見るたび鬼になろうと勧誘してたらそら無残さんからの評価はお察しだわ


105

バロ乙です!
上弦強いのは結構だけど柱の存在がバーゲンセールみたいになってるな。こりゃ天元を筆頭に他の柱もガンガンこれから*のかねぇ…。


106

乙です!
善逸思ったよりひどい目に逢わなくてよかったけど、柱7人殺ってる…?
しかも鬼殺隊だと気づかれてるし
鬼舞辻さん、猗窩座の時とずいぶん態度違いますな
こいつもお気にいりなのか?


107

現在の柱が少なくとも半年間顔ぶれ代わってないみたいだし
柱葬ったのはその前なのか


108

バレ乙
上弦って百年以上入れ替わってないんだろ?
期待してる割にずっと上陸って微妙じゃね?


110

>>108
そりゃ他の上弦も常に進化していっているから

他の上弦が何百年上弦やっているか知らないけど、上弦6は成長のペース的に期待の新人みたいなポジションなんじゃない?


109

すさまるちゃんもパワハラされてなかったけど使い棄てだったぞ
堕姫も無惨様からすれば調子こきやすくてチョロい小娘としか思われてない可能性もあるな


111

バレありがとうございます

鬼舞辻が探してる青い彼岸花はやっぱり特殊な人間のことだろうか?
柱クラスではない人間をなんらかの基準で判別したくて
血の種別とか遺伝子は判断可能みたいなこと言ってるから
それ以外でなにかを見分けたくて堕姫に期待してるのかね


112

陸でも7人*てるのに
参が柱*ましたよドヤァとかそらキレるわ


113

あ、バレ感謝

でも今のところ無惨の直接指示の後で任務成功させた鬼はいないっていうフラグがあるからなあ


114

善逸また頭ぶつけたかな…


115

バレ乙!
子どもだったのがまた月彦さんスタイルってことは誰かに乗りうつるとかじゃなくてやっぱり変身できるんだ>無惨
たくさん食べた鬼は強いんだよな、うずいさん*ないでくれー


116

今の所上弦の鬼と因縁がありそうなのは
カナエさんやった鬼と善逸の師匠の脚をやった鬼かな(同一の鬼の可能性もあり)
上弦の鬼の3分の1は判明したからそろそろ味方キャラと因縁がある鬼が出てきてもおかしくなさそう


118

>>116
煉獄さんの父親が無気力になった原因の鬼もいるかもしれない


119

>>118
あれだけ描写あったんだから煉獄の親父の無気力はどう考えても日の呼吸関連だろ


128

>>119
もし本当に日の呼吸だけが原因なら煉獄パパどんだけメンタル脆いのかと
そんなの他の流派にも言えることだしそんなことでいちいち不貞腐れてちゃ鬼殺隊も柱もやってられるかって話になるし
やっぱり他に致命的に心折れることがあったんだと思う


117

バレありがとうございます。

蕨姫ちゃん可愛いのにパワハラすぎィ!もう少しアホな所か隙が欲しい…
上陸なのか。音柱と炭達頑張って今度こそ勝ってくれ~。


120

このまま戦闘突入だとしたら、善逸気絶させる(眠らせる)って
聖闘士星矢で言うなら紫龍を脱がせるようなものなのでは…


121

>>120
そのうち自分から眠り始めるな


122

上陸の文字を見た時は(陸ならもしかしたら何とかなるかも?)と思ったが
「柱を七人葬った」の台詞でorzてなった
こりゃ追加の柱が来ない限り派手柱さんの死亡確定ですやん


123

客を取って繁盛させたってことはちゃんと男相手にお仕事はしてるんだな、姫


124

近くいる柱を*てこい
*てきました
お前は何か勘違いをしているようだな

この扱いは一体?


125

わらびちゃんは上弦の鬼の威を借って調子に乗ってるただの一般人だと思ってたから意外
性格が小者なのが鬼滅の鬼連中の特徴だと思えば納得は納得だけど


126

男には厳しく、女には優しい鬼舞辻?


129

>>126
累くんは女の子だった…?


127

バレありがとうございます


130

アカザはあの場にいた三人を*てないのに柱一人*ました。
と得意気に報告したのが無惨様の癪に障っただけだから・・・


131

しかし無惨様自ら盛大にフラグを立てていかれたなあ……w


132

アカザ「柱を*てきました」
無惨「何当たり前のこと言ってるの?」

無惨「柱を七人*たお前は美しく強い」
蕨姫「はい!」

うーんこの


133

プライドの高そうな堕姫は褒めて伸ばす方針
失うものの無いアカザは叱って伸ばす方針なんだよ鬼舞辻は


154

>>133
上司の鑑!人を見て適切に誉める叱るは基本ですね。現代人にも見習ってほしいところ

一応鬼舞辻はオモテの顔もあるんだよな。吉良みたく彼のオモテの仕事ぶりも見てみたいな


135

上弦最下位の上6で柱7人屠ってるのか、、、
100年間入れ替わってないって設定は足引っ張る設定ミスだろと思ったが作者もハッキリと自覚的に上弦>>>柱と描いてて安心した

そりゃ上参なんて煉獄さんですらボロ負けだわな


136

アカザって人間の頃の記憶残ってねーのかな
人間の時から強さを求めて、限界を感じた結果志願して鬼になった•••ないか。

選別の時の鬼、響凱、累と人間の記憶蘇ったのに、鬼の期間が長すぎると淫夢みたいに蘇らずに*のかな


137

累くんといい末席には優しい無惨様


138

>>137
お前響凱さんの気持ち考えたことあんの?


152

>>138
駄目だったのに*れてないんだからお気に入りだったんじゃね


139

上6ですら柱7人*るぐらい強いなら、鬼滅隊なんかさっさと壊滅してそうだけどな


140

鬼殺隊


142

>>140
すまんw


141

堕姫さんから朱紗丸ちゃんと同じ匂いがする
無惨様にいいように騙されてボロボロにされて捨てられそう(´;ω;`)


143

100年は上弦やってて葬った柱は7人程度なんだ
そうそう遭遇するもんでもないのかな


149

>>143
他にこれより上が5人もいるんだからこれくらいの人数にしておいてもらわないと柱どころか鬼殺隊全員やられている
鬼殺隊数百人しかいないんだから

上弦の鬼たちの柱キラーっぷりを見て、前に善逸の兄弟子が言っていた柱の指導なんか滅多に受けられないって言葉と*ずに柱を引退した鱗滝さんと善逸のじいちゃんの凄さが再確認できた


144

活動拠点が吉原だし青い彼岸花を探してないけど許されてそう
なんかアカザが可哀想になってきた


145

お坊ちゃんから月彦に戻るも自在ならまたケバ辻お姉さまも見られるかな
あの形態好みだったのでお坊ちゃんになったときちょっと残念だったから


146

最近の上弦陸に昇格したのか何十年も前から上弦なのかで違うけど蕨姫改め堕姫はアカザとは別の意味で厄介そう
アカザと違って策士タイプで血鬼術も特殊っぽいし
というか鬼は人間食べるだけでどんどん強くなれるのがズルイ


150

>>146
最低でも上弦の六であっても100年以上は経過しているはず

上弦の顔ぶれが100年近く変わっていないから


147

善子のことを男だと言って追い出しにかからなかったのは鬼殺隊にバレても良い、むしろ誘き寄せて返り討ちにして喰い*つもりなんだよな
雑魚は鬼殺隊から逃げようとするからやっぱ強者感あるわ


148

無意識に受け身取れるのも割りと凄いんだけど
無意識に受け身取っちゃってバレるとなるとワンミスになっちゃうとはシビア


151

100年くらいで7人だと少なくね?


153

>>151
積極的に狩ってるわけじゃないからしゃーない
アカザは無惨様の無茶振りで直接*にいかされてるんだろうけど


この記事が気に入ったら
いいね! しよう

最新記事をお届けします

IMG_3445


287

第20話「写輪眼(しゃりんがん)の少年」

極秘任務で各地を旅しているサスケからナルトに、うちは一族特有の血継限界“写輪眼(しゃりんがん)”を持つ者の情報が届いた。
だが今生きているうちは一族は、サスケとその血を引くサラダだけのはず。この報せに、急ぎサスケに会うことにするナルト。
一方、父・サスケを探し、“本当の母親”について問いただそうと考えるサラダは「本当のパパとママを探す旅に出る」と言い出したチョウチョウとともに行動を開始。
ナルトがサスケと会うことを知り、あとを追いかける。
ところがその途中、何者かに襲われ危機に陥る

娘に嫌われちゃうなサスケ
IMG_3416
IMG_3417
IMG_3418
IMG_3420
IMG_3422
 


288

サスケ…オヤジ失格だな


289

>>232
マジです
IMG_3423
IMG_3424
IMG_3425
IMG_3426
IMG_3427
IMG_3428
IMG_3429
IMG_3430
IMG_3431
IMG_3432
IMG_3433
IMG_3434
IMG_3435
IMG_3436
IMG_3437
IMG_3439
IMG_3440
IMG_3441
IMG_3443
IMG_3444
IMG_3446
IMG_3447
IMG_3448
IMG_3449
 


290

コミュ障過ぎるw


291

サスケ、自分がイタチにされたことを娘にするんじゃないw

IMG_3450
IMG_3451
IMG_3452
IMG_3453
IMG_3454
IMG_3455
IMG_3456
IMG_3457
IMG_3458
IMG_3459
IMG_3460
IMG_3461
IMG_3462
IMG_3463
IMG_3464
IMG_3465
IMG_3466
IMG_3467
IMG_3468
IMG_3469
IMG_3470
IMG_3471
IMG_3472
IMG_3473

292

フードの敵はED最後に出てくる奴か


293


(出典 a.pd.kzho.net)


(出典 a.pd.kzho.net)


(出典 a.pd.kzho.net)


(出典 a.pd.kzho.net)


294

予告でも安定のサスケェ


295

世の仕事優先のお父さんは耳が痛そうだな


333

>>295
日本の社会はそこらへん腐ってるからねえ


296

これはひどい
カタルシスが欲しい


297

うちはくん原作よりキモくなってない?


298

>>272
うまく出来てるね


317

>>298
作者いわく
ゴハンがピッコロさんの弟子になるドラゴンボール理論だそう


351

>>317
あー納得


299

関係(させたく)ないことだ


300

銀魂おおコケしなくてよかったな


322

>>300
スタッフがヨシヒコだからヨシヒコ好きなら楽しめるしな
三池なにがしとは地が違う


350

>>322
銀魂読んでてヨシヒコ見てた人には楽しめるな
ムロは銀魂のキャラで出てるけど、ほぼ中身メレブだし


301

まーた始まったよ、ちゃんと説明しない症候群
ほんと呪われし血族だなうちは、は


302

サスケはナルト以外にはあまり心開いてないんかな


328

>>302
妻には流石に開いてるんじゃないの?


303

実写銀魂まだ見てないな


304

銀魂のつまらなそうさ加減が酷い


305

ヒットしたん?


306

サスケくんは本当にダメなやつ


307

サスケくんちょっとひどい目にあって欲しい


309

許せぇサラダェ


311

サスケは社会不適合者だから…


313

>>267
あぁ、そうか、一族復興の為には血を絶やしちゃあかんのか
どっちにしてもサラダがカワイソスなのは変わらんが


331

>>313
サクラが強いから血統強化に選んだんだったら流石に泣く
サラダちゃんかわいそす


360

>>331
血統で選ぶなら父親が中忍止まり母親が専業主婦の一般家庭出身のサクラじゃなくうずまきの香燐とか他の名だたる一族と作るだろ……
血筋なんかどうでも良いんだよ


361

>>331
おっと、エンデヴァーの悪口はもっと言え


314

>>181
影分身で顔を見に来るくらいは出来るぞ
逃げてるだけ


315

カリンって*だの?
ナルト途中から見てないからよく分からん


334

>>315
見てりゃ今なにやっててうちは一家との今の関係もわかるよ。何でサラダが似た眼鏡してるかも


349

>>334
先に知っておきたい
おしえておにいちゃん


364

>>349
サクラ妊娠中にカリンと旅に出てた
陣痛来たので旅先で出産(取り上げたのはカリン)
お祝いにメガネ送る


366

>>364
メガネに何仕込んだの?


370

>>364
カリンイイやつだな


381

>>364
お祝いにメガネって事は、サラダは別に目が悪いとかではないんだね


385

>>364
香燐と旅はしてないだろ
サスケとサクラが旅してたんだよ


335

>>315
この話で出てくるぞ


346

>>315
再来週あたりサラダにへその緒渡すよ


316

銀魂もジョジョも東京喰種つまらなかったよ


343

>>316
まじかよ金ロー待つわ


365

>>343
ジョジョつまらなくはなかったけどテレビで見れればいいやつだった
そんな程度


354

>>316
グールどこまでなん


372

>>354
月山編で終わりかな


377

>>372
カネキがプチ覚醒して喫茶店のバイトやめるあたりまでか


318

ナルトは昔話の責任を取るべきだ(´・ω・`)


320

>>272
ピッコロと悟飯の関係にしたかったって言ってたな


321

輪廻写輪眼とかいうレアなもの持ってるから里にいたら狙われた時に里が危険ってことで
里には帰らないようにしてるんだっけか


342

>>321
ずっと帰ってないからボルトが弟子になりたいと言ってくるまで
ナルトの息子の名前がボルトって言うの知らず


345

>>321
あとは贖罪の意味と大筒木一族探ってる意味もある
だから言えない


353

>>345
月に強力してくれる人いないの?


368

>>353
別に月にいるとは限らんしトネリは隠居状態だし
変に話広まって不安煽る必要はないし


355

>>345
ごめん
強力→協力


323

>>256
イイね・・・


324

サクラもちゃんとパパは元犯罪者で厨二病患ってるって教えといてやればよかったのに
変に期待持たせるから傷つくんだぞ(´・ω・`)


336

>>324
ある程度おっきくなったら教えるつもりだったんでないの
流石にショックが大きいだろうし


352

>>336
うちはが自分とパパしかもういないのは知ってるようだが

うちはを滅ぼしたのが自分のおじさんなのは知ってるんだろうか


339

>>324
顔が良くて強いとこだけが取り柄だからな


358

>>324
この里の人って子供にそういうこと言わないの凄い
普通はイジメの対象になる


363

>>358
ナルトが迫害されてたじゃねぇか


327

ナルトがトイレ覗きに行かないのが悪い


329

ナルトは大分成長したと言うのに


338

>>329
落ちこぼれの方が成長するのよね(´・ω・`)


356

>>338
伸びしろですねぇ!(激寒古ネタ)


341

>>329
やっぱり会社で上役にいける奴とそうでないやつってそういうことなんだろうな


330

第21話「サスケとサラダ」
2017.08.23 onair

父・サスケのいる“峠塔(とうげとう)”にたどり着いたサラダは、はやる気持ちをおさえながら塔の中へと入ってゆく。
ところが、やっと出会えた父の思いもよらない行動と言葉に深く傷つく。
父と娘の気まずい様子に耐え切れないナルトとチョウチョウは、何とかしたいと考えるのだが……。 
そんな中、一同は、互いに “うちはシン”と名乗る写輪眼の父子に襲われる!
一方、サラダが父親に会いに行ったと聞き、娘のことを心配するサクラは……?

H
T


337

それよりなんでサラダって付けたのか


344

サラダちゃんしかうんでない時点で一族復興は無理なんじゃ


357

>>344
サクラと結婚がありなんだからサラダが他家と結婚で良いんでないの
ボルトと結婚してナルトと親戚になるとか、うちはシンの体を適当に貰うとか


373

>>357
源流が同じ日向で尚且つ火影の血縁のボルトと結婚するのはうちは復興という側面で見てもかなり良いよな


347

>>232
里を壊滅の危機に陥れた贖罪で裏の仕事を一手に引き受けて旅に出っぱなしやねん


359

佐助と桜でサラダだもんな


362

サラダ回だけどチョウチョウ分多目で俺得回だった


371

サスケって「子供達」ではなく「ガキ共」って言いそうな印象だった


376

うちはマラダがかかってるのかと思ってた


379

やっぱうちはの血は残すべきではないな
サラダも含め害悪すぎる


383

サスケェ「恐ろしいのは 俺自身の才能さ!」
サスケェ「神の恵みをありがたく受けとれ」
サスケェ「忍世界の俺こそが神だ!!」
サスケェ「俺は・・・不滅だ―っ」


この記事が気に入ったら
いいね! しよう

最新記事をお届けします

IMG_3477


815

No.368 凶行
煽り:ゴキブリ・アイ進軍中

ゴキブリで見た情報をノートにメモするオイト
オイト(マラヤームの念獣は恐竜の様な怪物…!)
オイト(部屋の中には警護兵・協会員が18名!従事者が6名!)
オイト(指定された15名を超過しているのは…おそらく姉の警護兵も動員しているから)
オイト(予想が正しければモモゼの部屋には監視の警護兵6名がいるはず…!)
バビ(…さすがに"円"でも何を書いているかまではわからんな)
ノートのページをめくるオイト
クラ(ページをめくった…一人分の調査が終了した合図…!)
クラ(まずマラヤームの構成人数が判明したわけだが…)
クラ(所要時間が一時間余りか…緋の目になって既に三時間近い…!)
クラ(寿命よりも肉体の負荷の方が問題だな…)
次の部屋に移動するゴキブリ
オイト(次は…第12王子の主寝室…!暗いわ…いないのかしら…?)
ゴキブリの見た光景に唖然とするオイト
ベッドの上にいるモモゼに一人の男が覆いかぶさっている
オイト「だめっっ!!!やめてェェーーーー!!!」
オイト「止めて!モモゼ王子が*れるッッ!早く止めて!!」
クラ「オイト王妃落ち着いて!」
オイトの肩を抱き落ち着かせようとするクラピカ
クラ「ここは王妃の寝室です。疲れて悪夢を見たのでしょう」
クラ(バビマイナの前です!彼はあなたが能力者だとまだ知らない…!)
クラピカを振りほどくオイト
オイト「駆け引きなどしてる場合ですか!あなたがやらないなら私が行きます!」
クラ「わかりました早急に確認します」
クラ「ビル!1012号室に連絡しモモゼ王子の様子を確かめてもらってくれ!」
バビ「交換台は上位王子の所属兵でないと繋いでくれないぞ。俺が間に入ろう」


819

>>815
ふおおおおおお


821

>>815


829

>>815
いつも乙乙乙


842

>>815
ありがとう、好きです


869

>>815
神に感謝


838

1012号室からモモゼの遺体が運ばれていく
オイト「止められた…!助けられたかも知れないのに…!」
ビル「死因は窒息らしい」
ビル「王子の就寝中は部屋の外で警護するしきたりだったようだ」
ビル「休息中の2名を除く4名の証言は一致していて誰も王子の部屋には入っていないと言っている」
ビル「セヴァンチ王妃はこれを受けて警護兵6名全員が共謀しているとして国王に提訴した」
ビル「6名は拘束されて軍の裁判にかけられる予定だ」

半狂乱のセヴァンチ「全員死刑よ!今すぐ*て!」

クラ(要警戒だな。タイミングが良すぎる…)
サカタ「ちょっといいか?」
サカタ「王子にはそれぞれ守護霊獣が憑いていると言っていたな」
クラ「ああ」
サカタ「それならなぜモモゼ王子の霊獣は彼女を守らなかったんだ?」
クラ「それはおそらくモモゼ王子の就寝時間にヒントがある」
サカタ「どういう意味だ?」
クラ「通常よりかなり早く王子は休まれている。何か非常に疲労困憊する状況にあったのだろう」
サカタ「そうか守護霊獣は寄生型!宿主のオーラをエネルギーに動く!」
クラ「その通り」
クラ「我々の警護兵を攻撃した2種類の念獣のうちどちらかがモモゼ王子の霊獣ならばそれによって多量のオーラを消費したはず」
クラ「結果エネルギー切れをおこしそこを狙われた…」
ビル「犯人は念に精通した人物だな」
ビル「だがこの一件で念の情報を入手したい流れがより強まるだろう」
ビル「ツェリードニヒを含め念の会得をエサにして連携できるのはこちらにとって大きなメリットだ」
クラ(そこが問題だ…)
クラ(探索の続きをお願いしたいところだが…この状態ではせっつくのは酷すぎるな)
クラ(しかしワブル王子の危険を少しでも減らすためにも情報は出来る限り欲しい…!)
バビ「王妃1つ伺ってもよろしいか?」
バビ「あの場で叫ぶのはデメリットしか無かったはず…何故です?」
クラ(当然だな。やはり悟られた…!王妃が念能力を使っていたこと…)
クラ(しかし…こんな確認に何の意味がある?)
オイト「デメリット…ですか・フフッフフフくくくくくく」
オイト「サバイバルゲームに熱中しているあなた方には腹違いの娘を見*にしなかった事がよっぽど奇妙に映るのね」
オイト「よくわかりました。あなた方と話す事はありません」
バビ「…サカタ行くぞ」
サカタ「え…?」
バビ「警護はクラピカに任せる」
サカタ「しかし…」
バビ「我々がいては王妃の気が休まらないだろう。スラッカにも話を通しておく」
クラ("円"を解いた…!?)
再びゴキブリが見た情報をノートに書き留めていくオイト
クラ「王妃…!無理をなさらずに…」
オイト「ワブルの為にやっている事。あなたを気遣っているわけではありません」


854

交換台を通じて各王子に連絡を取るビル
ビル「開始は明日午前9時だ。その件は15分後にもう一度連絡してくれ。それまでに決定する」
ビル「クラピカ大勢が判明した。第2第6王子を除く10人の王子が警護兵を派遣する意向だ」
クラ「予想以上の反響だな第1王子もか?」
ビル「ああ。王子というより警護のリーダーがこちらの動向を知りたがっている様だ」
クラ「他の協会員達の反応はどうだ?」
ビル「上手くこちらの話に合わせてくれている印象だ」
ビル「短期間での念能力取得について疑問と興味を巧みに混ぜて参加の方向へ誘導してくれた」
ビル「ただ…やはり具体的に2週間のリミットを提示している事に関しては全員が心配していたぞ」
クラ「不安はわかるがリスクは承知の上だし勝算はある」
ビル「他に問題が2つあって」
クラ「…2つ?」
ビル「まず何人かの王子が複数人数派遣して教わらせたいと言ってきてる事が1つ」
ビル「これを承諾すると防衛上の不安がぬぐえない」
クラ「…上限を2名までに決めよう」
クラ(くそ…痛みがうるさい。ビルの声が…)
ビル「次にチョウライ王子の件だが…」
緋の目による疲労が蓄積しその場に倒れるクラピカ
ビル「クラピカ!?」

1012号室?にて怒りの形相を浮かべるハンゾー
ビスケ「ハンゾー休むのも仕事だわさ」
ハンゾー「俺がいれば防げた」
ビスケ「王妃の命令に従っただけの事、非はないわよ」
ハンゾー「犯人はまたやる…!」
ハンゾー「クラピカの話と6人の証言から導くと犯人は分身を使った可能性が高い」
ハンゾー「それなら拘束は抑止どころか次の犯行の不在証明になっちまう」
ビスケ「冷静になりなよ。仮に分身を使ったなら容疑者は6人にかぎらなくなるだろう?」
ハンゾー「そうだな。その場合6人に罪を着せるなら手口を変えるだろうし攪乱狙いなら同じ手口だ」
ハンゾー「どっちにしろまたやる」
ハンゾー「次は止める」
ビスケ「どうやってさ」
ビスケ(って聞いてる時点でこいつのペースだけどとりあえず感情を吐き出させないと暴走する危険もある*)
ハンゾー「分身を使えるのはそいつだけじゃない。こちとら忍者が本職だからな」
ハンゾー「ただオートマじゃなく自在に動かせる分身なら術者にも相応の制約があるはず」
ハンゾー「さらに本体から離れた場所、王子の寝室に直接分身を飛ばし具現化させようとするなら」
ハンゾー「犯人は『それだけに集中しなければならない状況にいた』はず!」
ビスケ「もしも6人の中に犯人がいるなら休息していた2人のうちのどちらか!…て事ね」
ビスケ「そこまでわかってるならもう止めらんないわね」
ハンゾー「ああ」
ハンゾー「報いは必ず受けさせる。必ずな」
ビスケ「…とにかく休みなさいな」


863

念の修業を続けているツェリードニヒ
手にオーラを集中させている
テータ(信じられない…たった半日で"凝"のコツをつかみかけてる)
ツェリ「テータちゃんさ」
テータ「はい」
ツェリ「さっきチョウライ経由でワブルの警護兵から電話あってさ」
ツェリ「2週間で念を使えるようにしてやるって言うんだよ」
ツェリ「どう思うよ?」
テータ「は…」
ツェリ「お前の話とずいぶん違くねーか?」
ツェリ「お前、念の取得には基礎で早くても半年って言ったよな」
テータ「はい。その説明に偽りはありません」
ツェリ「じゃあそいつがハッタリかましてるって事だな」
テータ「…その可能性はあります」
ツェリ「おい寝ぼけてんのか?」
ツェリ「俺はお前とそいつ、どっちが嘘ついてんのか聞いてんだよ」
ツェリ「*か?」
冷や汗を流すテータ
テータの背後にツェリードニヒの霊獣が迫る
テータ「念の取得には非常に手っ取り早くてそのため非常に危険な方法もあります」
テータ「もしかしたら彼固有の能力が他人の能力開花に関係しているかもしれません」
テータ「少なくとも彼がまともな方法を用いない事だけは確かです」
テータ「絶対に私のやり方が最も正しくかつ早道です」
ため息を吐くツェリードニヒ
ツェリ「俺がこの世で一番嫌いなのは嘘付く女だぞ。信じていいんだな?」
霊獣がテータの顔を覗き込む
テータ「はい!」

室内に鮮血が飛ぶ

次週へ

煽り:揺らげば死!

最新のカーナビがCDのタイトルを空中から拾って来よる。おじいちゃん感動<義博>


824

きたあああああああああああ


826

普通に記録できるのかよ自室ならオーケーなのね


827

オイト洞察力すげーな


831

クラピカ偵察にどんだけ寿命使う気だよ


835

裏窓使用中も寿命減るのか


837

モモゼ*された?


840

メルエムの円なら何書いてるかぐらい分かる
バビーは雑魚


841

*だwwwww


844

モモゼ…


845

ドーモくん何もしてねええwwwww


846

クラ(所要時間が一時間余りか…緋の目になって既に三時間近い…!)
クラ(寿命よりも肉体の負荷の方が問題だな…)

寿命議論に決着ついたな


847

え?…*だの?
いやなんかあるんだろうけどさ…あの念獣からしても
偽装工作かもだし


848

ハンゾーとビスケなにやってんの


850

王の器ってなんだったんだwあとハンゾー許さん


852

全員拘束ってところが策略かもしれん


853

ハンゾーのハゲと来たら


855

モモゼ*展開とか


860

やはり霊獣も万能では無いのね


861

これか

(出典 i.imgur.com)


862

カストロのダブルきたああああああ


874

>>863
おじいちゃんとか言うなもっと描けください


883

>>863
この時代に、空からゲームが降ってくる的感動か


864

霊獣スタミナねえな!
蠱毒生き残ったら持久力上がるのかね


866

たまにある、これくらいの能力ならこれくらい制約があるはず的推測の
"相応"に結構な幅ありそうなのになあ、と思う


898

>>866
だよな


868

ドーモ君とかいうゴミ
スクワラのペットの犬のほうが使えるわ


877

ツェリの念獣の能力は嘘をついたヤツ(女)を*って感じかな?
オイトとカチョウが危ない


885

これは休載も近いぞ


887

ツェリ「おい!なんでテータちゃん*だんだよ!」


891

>>887
ツェリならそっから念獣の性質にたどり着くくらいはしそう


888

モモゼの死体は念で作ったなにかで実は生きてるんだろ


894

モモゼの髪の毛とか結構凝ってるなと思ったらすぐ*から手間かけてたんだな冨樫


895

二股尾の人魚かな?


905

>>895
懐かしい…
あの話好きだったな
全員売った…いや*だ!


897

テータ逝ったか
やっぱ嘘を見抜く霊獣か


899

テータちゃん*だとき室内は密室、他に居たのはツェリ一人であることが確認された
ツェリは実行犯として法廷へ、ツェリ脱落!


901

色々急展開だな…ポカーン状態


902

オイトは情が深い女なんだな


907

バビマイナが円を解いたのはどうして?


912

>>907
曲がった人間ではないんだろうきっと


909

やっと話が進んだような進んでないような


910

ひえぇツェリおっかねぇテータ生きろ
モモゼあっけなさすぎぃ


この記事が気に入ったら
いいね! しよう

最新記事をお届けします

このページのトップヘ